じゅーゆそ!

1匹RTの独学による役に立つ情報と大好きな通信系の戦歴を紹介!!

成田発シカゴ行き JALプレミアムエコノミーが"まずます"快適だった件

プレミアムエコノミーは、そこそこ快適だった。正規料金で乗るなら・・・かな

今回、シカゴまでJALプレミアムエコノミーを利用した。JALのプレミアムエコノミーは、先日紹介したアエロフロートビジネスクラスに比べると料金は高いんです。

 

高いということは、サービスも良し!!ってなれば良いのですけど、ビジネスクラスとプレミアムエコノミーの差は歴然!全ての点において、アエロフロートビジネスクラスに軍配があがる。ただし、1点良いところも、それはCAさんが日本人!!気兼ねなく、サービスを頼めるのはメリットかな。

ただ、

シカゴまでのフライト約12時間をエコノミークラスで過ごすよりかは、遙かに楽であるのは確かである。そこで、今回、その搭乗記をご紹介したい。

 

プレミアムエコノミーの特典!!

 

サクララウンジが使える(シャワー室最高!)

成田ではJALサクララウンジに入ることができます。サクララウンジは、JALゴールドカードを持っていても入ることはできません。上級会員もしくは、プレミアムエコノミー以上の搭乗者のみ!

ただし、当日ランクアップのプレミアムエコノミー搭乗者はNGのようです。

ラウンジで食事や飲み物を頂いたり、WiFiに接続してネットを閲覧することができます。なんと、シャワーを浴びたりもできます。

私の場合は、成田のサクララウンジの名物JALのカレーを堪能し、そのあとにビールとワインを1杯のみ、後はシャワーを浴びてくつろいでいました。ビールは機会が注いでくれるので、完璧な泡加減です。ワインは、赤と白が用意されていました。私は赤をチョイス!!

 

f:id:juyuso:20170109210632j:plain

サクララウンジから、JALの飛行機を眺めていました。

日曜日の朝であったためか、比較的食事ラウンジは空いていました。

食事ラウンジは上層階にあり、テーブル席からソファー席、そして、窓越しに滑走路w眺めることのできる1人席があります。ラウンジ内で提供される食事はここでのみ食べることができます。

f:id:juyuso:20170109210756j:plain

私は、名物のJALカレーと味噌汁、オレンジジュースをチョイス!!

JALカレーは、香辛料の良い香りがし、更に食べ応えのあるお肉が入っており、とても美味しくいただきました。まわりを見渡しても、ほとんどの人がこのカレーを食べていたような気がします。

付け合わせのラッキョウもありました!このあとに、ビール、赤ワインをしっかりいただきました。

食事が一段落したところで、本来であればマッサージといきたいところでしたが、すでに予約がいっぱいで搭乗時間までは空いてなかった。そこで、シャワーをし、綺麗さっぱりにして、フライトに備えようとした。シャワー室は、初めて使用したが、しっかりとした個室でプライベート空間を演出し、ゆっくりとシャワーすることができた。制限時間は、なかったような気がします。あったらごめんなさい!!

 

シャワー室の受付は、先ほどの食事ラウンジにあがる階段の脇を通るとあります!

他の方も言っている通り、わかりにくいです!

シャワー室とマッサージの受付が一緒です。

そこで、シャワー室を使用したい旨を伝えると鍵が貰えます。

私は、運良く空き部屋があったので、そのままシャワー室へ!

f:id:juyuso:20170109211038j:plain

シャワー室は、洗面台、トイレ、シャワー室の3点セットになっています。

タオルも完備されており、至れり尽くせり!

歯ブラシもあるので、カレー臭対策も万全!

f:id:juyuso:20170109210920j:plain

シャワーは、ヘッドが持てるタイプと上から降ってくるタイプがあります。

シャンプーやボディーソープも完備されているので、手ぶらでOKです。

私は、約30分ほど、ゆっくりとシャワーしちゃいました。

 

優先搭乗はできない。(一番最後に搭乗)

機内に搭乗するときは、エコノミークラスの方と一緒・・・。そのため、機内に入るのは一番最後。(プレミアムエコノミーは、エコノミーより前方に位置するため、最後なんです。エコノミークラスの搭乗は後方からですからね。)最後なので、機内に入ってからは慌ただしく離陸の準備をしないといけないのは、少しマイナスポイントであった。

アメニティもビジネスクラスのようにミニバックにあるわけではなく、CAさんが回ってきて、欲しいものを取るシステムであった。(歯ブラシ、アイマスク、マスクetc)スリッパは座席前にあったような気がします。

 

シートに関して 

1番気になるのはシート

シートピッチは、

エコノミークラス   : 84cm 〜 86cm

プレミアムエコノミー :107cm

プレミアムエコノミーの方がゆったり!

ただ、今回はラッキーにもプレミアムエコノミーの一番前の席をゲットできたので、足を伸ばしても壁には当たらないほど広いスペースがありました。

f:id:juyuso:20170109211341j:plain

 こんなに前が空いているなんて、すごい気持ち的に嬉しいですよ!JALのプレミアムエコノミーのシートは、座席をリクライニングする時に後方座席への配慮が不要なんです!シェル型のシートっていうらしいですけど、どんなに座席を倒しても後方座席には影響がない!フルフラットにはならないけど、かなり倒すことができます!

どれくらい広いのか?見てもらった方が早いので、機内で撮った写真を載せます。

横幅に関して、

・エコノミーは      1列につき3−3−3の9席の場合

・プレミアムエコノミーは、1列につき2−4−2の8席。

1席分の余裕です。

頭には、パーテーションが設置されているので、プライバシーを保つことができます。

 

おつまみのときシャンパンゲット 

搭乗後、離陸し、シートベルトサインが消えると、おやつタイム!!

プレミアムエコノミー特典のシャンパンゲット

飲み物は、シャンパンや芋焼酎などのエコノミーにはない飲み物を頼みことができます。今回頼んだシャンパンは、冷えててめちゃくちゃ美味しかったです。もう一本といきたいところですが、泥水すると迷惑なので1本でセーブ・・・。

f:id:juyuso:20170109211527j:plain

食事はエコノミー+α

今回は、すでに日本食が恋しくなり、肉じゃがをチョイス。

ビジネスクラスのように個々に配膳されませんが、全てを自分のペースで食べられるのはよかったかなと思います。ここでは、プレミアムモルツをいただき、そのあと、もう1本飲んじゃいました。(スーパードライ

JAL特製スープも美味しかったです。

f:id:juyuso:20170109211642j:plain

食後にはハーゲンダッツのバニラが配られました。

 

寝てて時間がいつかわかりませんでしたが、間食が用意されました。

和菓子のようなものとカップ麺(うどんですかい)をいただきました。

少ない感じもありますが、間食としては十分!!

 

そして、着陸前の最後、空で?野家の牛丼!!たまごはペーストになっています。

しっかりと、食べ方の説明文もついています。

初めて食べる方、外国の方にも、丁寧な配慮がされていました。

牛丼は、しっかりいただきました。普通の吉野家でした。

f:id:juyuso:20170109211808j:plain

 

吉野家を食べて1時間後位に無事シカゴに到着。

12時間のフライトでしたら、プレミアムエコノミーは、エコノミーに比べると、快適でした。料金は高い設定ですが、私はフライトの生活も旅行の一部と思っています。

なので、3回の旅行を2回にしても、エコノミーはNG、ビジネスクラス、プレミアムエコノミーで快適に旅行を楽しみたいと思っています。

おすすめのJALパック

JALで行くならおすすめのJALパック!

プレミアムエコノミーを選択するならば、JALパックのダイナミックパッケージがおすすめです!今回、JALパックでシカゴ往復+宿泊を予約しましたけど、上級会員でなくても、予約が開放されたときから、前方の予約もできるし、エコノミーの料金(真ん中の割引)とほぼ同じ金額でプレミアムエコノミーが乗れるんです。

せっかく、海外へ行くならば、飛行機から快適な旅にしたいですよね。

プレミアムエコノミーで行くとめちゃくちゃ体が楽ですよ!

公式サイト

JAL ビジネスクラスで行く、ワンランク上の空の旅。

 

実際にJALプレミアムエコノミーに乗ってみるとエコノミーでは味わえない快適さがあることが分かりました。私は、また乗ると思います。

 

長々とありがとうございます。